リフォームデザイン「温故一新の家」建築家デザインの上質なリフォーム
HOME 温故一新の家 とりくみ デザイン例 デザインの仕事 リフォーム相談室

リフォームデザイン

「温故一新」のリフォーム

建築家デザインの

「古きをあたため、よそおい一新」上質志向のリフォーム

リフォームデザイン
「温故一新の家」
温故一新の家
和モダン
リビングリフォーム
会話がはずむ家
オーダーメイド
キッチンリフォーム
食事を楽しむ家
くつろぎの
浴室リフォーム
休日の朝は湯ったり
古材再生
粋いきデザイン
その古瓦、モッタイナイ
「温故一新の家」
事例集
リフォーム事例
建築家とつくる
「モダンMINCA」
建築家とつくる家

1 「気持ちのいい家」をデザインすることが私の仕事です
リフォームの設計を手がける建築家です

工事を行ういわゆるリフォーム業者や工務店ではありません。

お住まいになる方とデザインのイメージをふくらませ、
ご納得いただいたイメージを設計図面にまとめ、
工事会社選びのポイントをアドバイスし、
施工者にデザインの意図を伝達し、
工事の進行状況をチェックして、
気持ちいいすまいづくりに貢献する・・・

これがリフォームデザインの仕事のすすめ方です。


2 「こんな家にしたい」はデザインの源
暮らしやすさをデザインすること

リフォームをご検討されるお宅を拝見し、
「どこをどのように」リフォームなさりたいのか
現場をひとつひとつ確かめながらお話をうかがいます。

リフォームデザインは徹底して「現場主義」。
机上の設計ではなく、たえず現場の状況と設計品質をリンクさせて考えます。

インテリアデザイン、外装リフォーム、耐震補強・・・
ジャンルはいろいろありますが、まずは時間をかけてご相談。

回を重ねるごとに「こんなふうにしてみてはいかがでしょう」といった具合に
スケッチや図面でアイデアをご提案し、そのうち「これはいいね!」のレベルに。


3 ご予算を活かすこともデザインのうち
「適材適所」のデザイン

たとえばキッチンリフォーム。

システムキッチンのカタログを比較して高価にタメ息つくより
収納キャビネットや食品庫は大工さんにつくってもらって
予算の合理化を図れば快適床暖房が身近になる・・・

そんなご予算のコーディネートも「デザイン力」。

ただデザインのチカラも残念ながら「打ち出の小槌」ではありません。

リフォーム項目や範囲についてご要望を整理し、熟考のすえ、
「全部を一気になさらず1期、2期にわけて取り組んでみてはいかがでしょう」
と夢心地を覚ましてしまうようなご提案も、時として率直に申し上げることもあります。


4 今のお住まいを最大限活かすことがデザインのいのち
「温故一新」のデザイン

なにもかも新装一新、というリフォームスタイルもありますが
家づくりは息の長いプロジェクト。流行を追うものではありません。

今の「新しい」もやがては「古い」に。
今ある「古い」を将来に向けて最大限活用すること・・・

あなたのすまいのリフォームは

「文化財の修繕」

と同じく価値あることだと考えます。


建築家のご案内はこちらです
HOME 温故一新の家 とりくみ デザイン例 デザインの仕事 リフォーム相談室
建築家 坂井忠平
一級建築士事務所 坂井忠平

東京都大田区東雪谷1-31-6
www.chuheisakai.com
sumai@chuheisakai.com
メールはこちらから

Copyright(C)2011  坂井忠平 All Rights Reserved