建築家とつくる「美しい日本の家」
HOME ごあいさつ モダン民家 温故一新の家 木と土と草の家 里山の草屋根より

建築家にできること・・・

日本には日本のローカルスタンダードの家

風土にねざした

「あたりまえ」の家づくりを

CONTENTS
HOME Going Home
建築家とつくる家
「モダン民家」
モダン民家
リフォームデザイン
「温故一新の家」
建築家とつくる上質なリフォーム
木と土と草の家 木と土と草の家
ときどき田舎暮らし
「里山の草屋根より」
福島県川内村「里山の草屋根から」
LINKS
里山の木工と陶芸
「土志工房」
福島県川内村「土志工房」
建築工房
「藁」
諏訪の土壁「建築工房 藁」
美しい日本の風景 日本のすまい

かってはゆたかな農林水産国だった日本。


コメも住宅用木材も自給率は減少の一途をたどり
今では家を建てる木材の8割ちかくが輸入材にたよっています。

化石資源にたより高度成長したものの地球環境にとっては受難の20世紀でした。
100年に一度といわれる経済危機の中にあってどのような21世紀の展望を描いたらよいのでしょうか。


「CHANGE」の合言葉とともに新しい時代の到来を予感させます。

そう、これまでの発展の時代に区切りをつけ
100年かけてでも住みよい地球環境を取り戻す・・・
その第一歩をしるすのが現代社会の努めではないでしょうか。


「CHANGE」の時代は環境時代へ大きくシフトする
「CHANCE」の時代であり、たしかな未来に向けて
「CHARANGE」する時代、と私は考えます。


コンクリートや石油製品を使う機会をすこしずつ減らし
日当たり風通しの良い家を建ててエアコンに頼らず
そして日本の里山の木で家を建て
地産地消経済をよびもどし
山紫水明の国に。

それが私の信条です。


chuheisakai

建築家 坂井忠平 プロフィール
経歴 1957年 東京生まれ

1976年 都立日比谷高校卒業

1982年 多摩美術大学卒業
建築デザインを学ぶ

1982年〜 都内の設計事務所勤務
設計の仕事を通じて日本の伝統を意識しはじめました。

1990年〜 勤務のかたわら、社寺建築や民家をたずねて全国をまわる

2003年 設計事務所を退社。
独自に設計活動をはじめる。
資格 一級建築士
事務所 坂井忠平一級建築士事務所
所在地 東京都大田区東雪谷1-31-6
TEL 080-3403-4374
メール sumai@chuheisakai.com
URL www.chuheisakai.com
設立 平成15年10月
登録 東京都 一級建築士事務所



HOME ごあいさつ モダン民家 温故一新の家 木と土と草の家 里山の草屋根より
建築家 坂井忠平
一級建築士事務所 坂井忠平

東京都大田区東雪谷1-31-6
www.chuheisakai.com
sumai@chuheisakai.com
メールはこちらから

Copyright(C)2011  坂井忠平 All Rights Reserved